すべてのエネルギーの根幹は①

愛と感謝。

よく聞く言葉ですが、

本当に意味の深い、決して軽い言葉ではないんです。

 

たとえば、元気が出ない、なにか自分が一人になった気がする。

自分ばっかり頑張って、相手がすべて敵に見える。

 

そういうときは、往々にして「感謝」がなくなってます。

親であったり、身近な人であったり、世話になった人であったり、

自分が今ここに存在できる、「元」となとなる人たちをぞんざいにしていると、

コンセントの電源が抜け落ちたかのように、

自分のエネルギーが枯渇していきます。

とても不思議なんですけどね。

宇宙とつながっている、電源が、抜け落ちます。

 

そんな時は、身近な人に「感謝」を伝えてみてください。

方法は些細なことでかまいません。

お礼を言う、手紙で伝える、なにか行動で示す、

何でも良いです。

自分がその「愛」をアウトすると、

「感謝」がかえってきます。

 

どうしてもこの世では、

仕事したり、お金を稼いだり、遊んだり食べたりと、

エゴの行動をせざるを得ません。

生きているかぎり、向上は義務です。

 

しかしながら、この向上というエゴを推進しすぎると、

元のエネルギーが枯渇します。

 

どちらが良いとかではなく、

バランスを感じて、

うまく自分を動かしていきましょう。

 

愛と感謝は表裏一体で、

今回は感謝のおはなし。

次回は愛のおはなし。