他力を使う必要性

新しいことをはじめる、

単価を上げて生産性を高める。

こういったことをすると、

必ず自力での限界がやってきます。

なんか頑張ってるんだけど、

進んでる気がしない。

利益が上がらない。

 

はい、売り上げや単価上げれば、

その分、そのお金を回す力が必要になります。要するに投資することね。

仕組みが弱い人は仕組みに。

集客弱いなら集客に。

メンテナンス必要ならメンテに。

 

そこで大事なのが、

誰にお願いするか?

です。

 

そこでコツをみっつ。

①良い人かつ能力の高い人。

②それに対して専門性のある人。

③できれば関係値の高い人

(ふだん世話になってる人とかね)

 

に他力借りるのが良いです。

で、しっかり話し合って

お金はキッチリ払いましょうね(^-^)

 

投資した額面に見合った結果しか出ませんので。

変に値切ったり、

タダでやってもらったりしたらば、

なぜか結果は出ません。

 

それは組織や家族に対しても一緒。

 

お金払ってでもお願いしたい事は、

そこはキッチリお願いしましょうね。

 

お金って、思ってるよりも便利で大事なものですよ(^-^)